HOME > OTHERS > JEAN DIADEM×GEORGE COXコラボレーションブーツエアークッションソール8ホール

JEAN DIADEM×GEORGE COX コラボレーションブーツ

JEAN DIADEMと1906年創業のイギリスの老舗シューズブランド GEORGE COXとのコラボレーションブーツを発売。

<<オーダーメールを送る(お名前、ご住所、電話番号、ご希望のサイズをメールにてお送りください)


ジョージ・コックス GEORGE COX
1906年、イギリスのノーザンプトンで、ジョージ・ジェイムズ・コックスにより創業。
グッドイヤー・ウェルト製法と、ジョージコックス社独自のウェルト製法による製品を生産し、高い評価を得ていた。 1949年、Blothel Creeper(ブローセル・クリーパー)と呼ばれる厚底の靴が開発された。この靴のソールにはクレープソールが使われており、この靴が世界ではじめてラバーソールを採用した靴となった。
クリーパーは、1950年代、イギリスのユースカルチャーで、“テディボーイ”と呼ばれる層の人々に人気を博し、また、そのころアメリカで誕生したロックンロールの観念としだいに結び付いていくようになる。 1960年代後半になると、Winklepickers(ウィンクルピッカーズ)と呼ばれるモデルの製品が開発され、ジョージコックス社の靴は、モード系シューズとして再び注目を集めるようになった。

OTHERS ITEMS

JEAN DIADEM×GEORGE COX 
コラボレーションブーツ
エアークッションソール8ホール

英国で長い歴史を持つシューズブランド、“GEORGE COX"社に別注をかけた8-HOLE タイプのブーツにAIR-CUSION-SOLEのソールを使用している。
上質なブラックのカウレザーとオーセンティックなブーツタイプの組み合わせ、そこにややグリーンがかったソールのバランスが絶妙。
厳選されたカーフレザーを使用。生後6ヶ月までの仔牛の皮革ならではのきめの細かさとなめしの滑らかさが魅力。柔らかい履き心地でシューズのシルエットは通常のワークブーツに比べ細身。
洗練さを演出しており、カジュアルにもドレスダウンにもOK。
非常に珍しい8ホールタイプ。
アッパーの羽はトリプルステッチで強度を高めているが、他は極力ステッチの目立たぬ仕上げ。
ルックスのエレガントさとともにボトムスの引っかかりを少なくする工夫でもある。
※写真2:スペアのシューレースはRED、アクセント使いにも。
※写真4:履き口のベロもレザー素材、JEAN DIADEMの刻印(素押し)入り。

商品番号/ANRAC12AC02
プライス/¥46,000(税込¥49,680)
サイズ/下記参照
カラー/ブラック

日本サイズ USA(米国)サイズ UK(英国)サイズ EUサイズ
25.5: sold out7 1/2 7 41
26: sold out8 7 1/2 41 1/2
26.5 8 1/2 8 42
27 9 8 1/2 42 1/2
27.5 9 1/2 9 43
28 10 9 1/2 43 1/2
<<オーダーメールを送る
(お名前、ご住所、電話番号、ご希望のサイズをメールにてお送りください)